【徹底比較】ワーママの転職で正社員vsパートvs派遣働きやすいのは?

転職しようと思うけど働き方を変えるか悩む。

ずっと働くことを考えると正社員で探した方がいいのか、派遣やパートだとどうなんだろう。

派遣で働いてるママもいるけど、有期契約なのが気になる。

パートだと子供の時間が増えるとは思うけど、デメリットも多そう・・・。

 

こんな転職のお悩みに答えます。

 

この記事では、次のことについて書いています。

  • ワーママで転職するなら正社員がよい?
  • ママが派遣で働くことのメリット・デメリット
  • パートに転職するときに注意したいこと。

 

ワーママで子育ての大変さを痛感し、働き方に悩むママもいると思います。

 

わたしは正社員で16年務めた後に、パート・派遣での働き方を経験しています。

その経験からと周りの話、口コミなど総合的な意見や、正直な感想をまとめたいと思います。

 

実際には、想像通りだったなということや、ワーママにとって優遇されてきていると感じることもありました。

 

では具体的に紹介していきます。

ワーママの転職で正社員vsパートvs派遣働きやすいのは?

ワーママの転職で正社員vsパートvs派遣働きやすいのは?

 

ママの働きやすさの条件でいうと、時短勤務または定時あがり出来ることがポイントですよね。

でも非正規雇用は、抵抗があるママも多かったのではないでしょうか。

 

キャリア重視なら正社員のまま、今は働きやすさ重視なら子育て中の間は派遣やパートなどの非正規雇用で働く。

と、働き方を柔軟に変えるという方法もあります。

 

待遇面では正規雇用・非正規雇用の間で少しずつ平等化されてきています。

法改正も段階をふんで対応されていくので、まだ何も変わっていないというところもあるかもしれませんが、それでも昔に比べたらずっとよくなったと思われます。

 

2020年4月からは、正社員との待遇格差をなくそうという同一労働同一賃金というのが施行されています。

(※中小企業への適用は2021年4月から)

大手派遣会社でも、2020年4月から施行されてます。

 

同一労働同一賃金とは

「同じ会社で働く正社員と非正規雇用の従業員、それぞれに支払う基本給や賞与、その他手当について不合理な差を設けてはならない」と厚生労働省から企業向けに出されたガイドラインです。まずは大手企業から2021年4月からは中小企業で試行されることになっています。

 

今までは正社員に比べて派遣・パート勤務だと妥協するしかなかった給与や待遇、福利厚生の面については、見直されることが期待できますね。

実際に、わたしの派遣先でも待遇がガラっと変わりました。そちらは後述したいと思います。

 

ワーママ正社員への転職

ワーママ正社員への転職

正社員では、働き方改革の影響もあって、ワーママを積極採用する企業が増えています。

ただ、正社員なだけにあまり妥協したくないと思うと、希望どおりの条件に合った会社というのを探すのはなかなか難しいところです。

非正規雇用に比べたら次のようなメリットがあります。

正社員のメリット・デメリット

正社員のメリットは、ある程度安定した雇用や、賞与・退職金、福利厚生などが整っている。人間関係なども非正規と比べると築きやすい。

ママとして働く場合のデメリットは、仕事の責任が重いと感じられたり、残業があるなど、子育てと仕事の両立が難しく感じることがある。

 

正社員でも、子供の小さいうちは時短勤務で働きたいと思うママも多いですよね。

「育児と両立OK」などの条件をあげている企業を求人で検索してみると、地域にもよると思いますが結構ヒットします。

ですが、はじめから時短勤務OKという求人はまだ数も多いとは言えず、そういったポジションが空いていた場合や、スキルなどによって短時間でもOKという条件があれば、ということになります。

 

履歴書などに「時短勤務希望」とストレートに記載すると融通の利かない人だと思われ、書類で落とされてしまうこともあります。面接で次に進めそうな手応えを感じたタイミングで「できれば、働き方は…」とお伝えするのが良いかもしれません。その際、「○時以降は絶対に働けません」と言い切るのではなく、家族の協力や自治体のファミリーサポートなどの活用で、「必要があれば時間外も臨機応変に対応したい」といった姿勢を示すと、良い印象を持ってもらえるかと思います。

参照元:DODA 女性の転職・求人情報Woman Career(ウーマン・キャリア)より

 

正社員への転職はしんどそうだと感じたときは転職エージェントを使いましょう。

▽こちらで詳しく紹介しています。

ワーママが成功するための転職エージェント
ワーママに強い転職サイト・転職エージェント3選【成功するコツとは】

ワーママに手厚くて強い転職サイトや転職エージェントがあったら教えて欲しい。 ワーママが転職するときの成功するコツも知りたい。   ...

続きを見る

 

転職して時短勤務で働きたいというママは、社員への転向可能な紹介予定派遣も視野に探すこともおススメです。

派遣社員では時短勤務求人が多く出ているので、正社員と平行して探してみるとよいと思います。

 

ワーママ派遣社員への転職

ワーママ派遣社員への転職

派遣は、ワーママの働き方という視点で考えると、効率がよくメリットの大きい働き方です。

正社員とパートの中間的なイメージですが、やはり給与がよいのはやりがいにもつながるし、派遣という立ち位置的にも、求められるスキルありきで就業が決まるので、責任ある部分に携わる事も出来ます。

 

派遣のメリット・デメリット

時短勤務や、週3~4日勤務もあり、高時給なので効率よく働けることは最大のメリット。

契約更新の時にも働き方を見直せる。

また派遣は契約上、残業時間が月0~10時間以内などと前もって決められているため、条件を超える労働条件を強いられることがない。

デメリットは、契約更新があること、年齢的が上になってくると落ち着いて働きたい、社員になりたい、パートでもいいから同じ職場で働きたいと考える人もいます。

 

非正規雇用は待遇の見直しが行われて、労働条件がかなりよくなりました。

派遣会社によって、多少異なる部分もあるようですが、派遣の大手リクルートスタッフィングでは、時給に退職金相当の上乗せや、今までは実費だった交通費も別途支給になっています。

そのため今までよりも時給換算で見ても、だいぶUPしてるのが分かると思います。

 

パートタイムへの転職

パートタイムへの転職

 

パートでの働き方は、子育てママにとって1番働きやすいでしょう。

短時間勤務で子供との時間が取れる、融通がきく、仕事での責任面での負担が社員よりは少なくて済む。

ワーママの働きやすい職場として、理解ある職場があげられますが、パートは理解が得られやすいというのがメリットでもあります。

 

パートのメリット・デメリット

短時間で働けば家事・育児に余裕が持てる。

シフトなどで決めるため休みが入れやすい。

デメリットは、パートの人間関係が面倒なことも。社員ほど仕事へのやりがいが感じられない。

 

パート先によりますが、正社員と比べても福利厚生があったり、有給や昇給制度のあるところもあります。

ただ、その点を入社前に提示してもらえないと、聞き出しづらいのが難点です。

給与は、ボーナスがないなどと、どうしても正社員の時よりも下がってしまいます。

人間関係も、パートの多い職場だとお局パートがいて面倒くさいと思う場合もあります。

わたしもパートで不満も多かったものの、融通がきくのは子育て中にはよい!と割り切ってやっていました。

 

育児や家事に余裕が出来るというメリットを取りたいと考えているママにはおススメです。

 

まとめ:ワーママはじっくり自分に合った働き方を

社員、派遣、パートはそれぞれのメリット・デメリットがあると思います。

けれど、その働きやすさなどは、周りの情報からなんとなくある先入観だけではなくて、正確に情報収集する必要があると思います。

そうすることで、自分のライフスタイルに合った働き方が出来るからです。

実際にやってみないと自分にとって合う・合わないは分からない、というのはあると思いますが、人の体験から見てみて失敗を回避して、なるべくよい働き方が出来るとよいのではないかと思います。

体験談から、今後のワークライフスタイルを決めるうえでお役に立てたら幸いです。

よく読まれている記事

保育園の子の習い事 1

公文に行かせるか、こどもちゃれんじなのか、それともZ会?! 多くのご家庭で、一度は悩むのではないでしょうか。 共働きの場合は、ひとりで安定し ...

2

子供がいるとアピール方法が難しい。すごくやる気を見せてしまっても、子供を優先しないといけない事もあるだろうと強気に書けない。でも転職うまくい ...

ワーママが成功するための転職エージェント 3

ワーママに手厚くて強い転職サイトや転職エージェントがあったら教えて欲しい。 ワーママが転職するときの成功するコツも知りたい。   ...

自宅・家庭学習のメリット・デメリット 4

コロナ禍で「自宅学習」に頭を悩ませていたご家庭も多かったと思います。 塾に通っている子、私立に行ってる子は、オンライン授業を受けていると聞い ...

ワーママの転職 5

ワーママの転職は難しいと思うから不安がある、行動に移して大丈夫? これから先、お金もかかるし転職を失敗したくないと思ってる。 子育てとのバラ ...

-仕事・転職
-