「小1の壁」16年務めた正社員を退職して良かったと思うこと。

ワーママにとって、正社員を辞めるというのは余程の覚悟だと思います。

「一度辞めてしまったら、復職するのが大変そう。」「でも、小学生に上がる時は皆すごく大変だと言う」

 

退職をするかどうかを判断するためにも、まず小1の壁を理解してもらいたいと詳しく書いていきます。

保育園の時と小学校へ上がってからとでは、何が違うのかをざっとあげても次の通りです。

  • 学校からのお便り・連絡など目を通すものが多い。
  • 準備して持たせるものが増える。
  • 文房具など消耗品のチェック・補充。
  • 学校の交友関係の把握がしずらくなる。
  • 毎日宿題の丸付け・音読カードの記入。
  • 体操着や上履きの週末の洗濯量。
  • 夏期の水筒準備(毎日洗う)。
  • 長期休暇の学童のお弁当作り。
  • 学校・学童の開始・終了時間に帰宅を合わせる問題。
  • 年に数回、朝の旗持ち当番がある。
  • その他、学校行事の協力などがある。

 

いよいよ小学校では、子ども達が本格的に学びをはじめます。

低学年・・少なくとも小1の子供には、親のサポートが不可欠です。

 

正社員を辞めて良かったか、退職は後悔なのか。

多くのママが悲鳴をあげる小1の壁について、私の実体験からも赤裸々に紹介していきたいと思います。

また、小学校生活、小1の壁だけが大変なのかも書いていますので参考にしてみてください。

小1の壁とは?必ずぶつかるもの?

 

「小1の壁」というと、ひとつの山のように思えてしまいますが、いくつもの山がありました。

保育園頃に戻りたい・・と漏らすママもいるぐらいです。

保育園時代は、時間内なら保育園に預けることが出来ましたし、便利なサービスなどに頼ることでやりくり出来ました。

けれど、小学校では親自身がやらなければならないことが増えます

 

今の時代、ワーキングマザーが多いのだから、なんとかなるようにも思われがちですが、

小学校1年生。まだまだ精神的にも親の目が必要な幼い子供です・・。

いくつかぶつかった小1の壁を紹介します。

小学校入学式までの春休み問題

 

保育園を卒園してからの春休み問題が、最初の壁になるかもしれません。

保育園へは、3月いっぱいまで預けることができ、4月1日からは入学式前でも小学校の学童へ通わせることが出来ます。

 

けれど、いざ預けようとしたら、祖父母などに見てもらう家庭も多いのか、1年生は少なかったなんてことも。

 

今までの保育園との雰囲気もガラッと変わるので、すぐに慣れる子とそうでない子も出てくるでしょう。

何か不安や心配なことあれば、学童指導員に相談しておくとよいかもしれません。

怒涛の1年生1学期

 

入学説明会で準備するものを一式そろえ、やっと準備が落ち着いたと思うのもつかの間。

学校が始まってからも、都度プリントをチェックし、用意するものがないか確認します。

連絡帳も毎日チェック。

はじめは、時間割はあってないようなもので、ほぼ毎日その日の持ち物の確認をしなければなりませんでした。

 

子供も「今日牛乳パックいるんだけど、ある?」なんて当日の朝に言い出すことも・・。

はじめのころはとにかく疲れて帰ってくるので、家では機嫌が悪い、次の日の朝も愚図ることもありました。

しばらくの間はお昼過ぎに下校しますが、その後学童に行かせるとなると子供が慣れるまでは疲れなどもっと気を付けてあげなければいけません。

 

1年生の1学期は実際は、次のような感じでした。

4月

  • 毎日持ち物チェック
  • 学校で共同購入したノート、ドリルや学用品などに記名
  • 毎週プリントが配布されるため、お知らせ・家庭へのお願いなどを細かく確認
  • 子どもが学校生活で疲れて帰ると機嫌が悪い

5月

  • 遠足や写生会などの行事の持ち物準備
  • そろそろ宿題(親は丸付け・音読チェック)がはじまる
  • 運動会を実施する学校もあり更に子供が疲れて帰る

6月

  • 6月下旬ごろはじまるプールの準備
  • 水筒持参がはじまる
  • 少し慣れて来たところでトラブルがあったという話も

特に低学年の間は忘れ物のないようプリント類や次の日の持ち物チェックは必須で、仕事から帰ってからこなすルーチンは増える覚悟が必要です。

洗うものが増える

 

上履きに体操着、夏には水着に水筒、習い事があればウェアや、給食当番の白衣など。

上履きは学童用と2足用意する場合があるので、衣類も合わせて週末の洗い物は結構な量になります。

6月~10月頭くらいまでは学校に水筒を持っていく、水筒を洗う、中身の準備。

夏休みなどの長期休暇で学童の場合は、毎日お弁当作りもありますよね。

なるべく食洗器対応のものを選んだり、負担を減らすための工夫が必要になります。

 

低学年はやっぱり心配

 

小学生になったのだから、しっかりしようね。と言い聞かせても・・個人差がありますが、すぐにしっかりしてくるものではありません。

ご両親の声掛けで、張りきって頑張ろうという気持ちは芽生えますが、正直低学年のうちは、どうしても幼児期の延長線上です。

 

1年生の時に、「まさか!?」と思うようなことが何度かありました。

わが家であった出来事です。

 

夏休みが近くなると学校で作ったものや、その他学用品を持ち帰ります。

同じクラスで学童のAちゃんは自分の判断で、家へ荷物を置きに帰ると、うちの子供と一緒に帰ってきたそうです。

(本当は学童の子は学童へとまっすぐ行かないとダメなのですが)

そこでAちゃんと留守のわが家で遊んでしまい、「Aちゃんが学童に来ていない」と、先生たちが近隣を探してしまう事態に。

30分くらいAちゃんはわが家で遊んでから自宅に荷物を置いて、それから学童へと戻ったようですが、Aちゃんの親や先生方はかなり不安な時間だったでしょう。。

また、留守宅で遊んでしまうという話はチラホラ聞きますが、低学年の場合はふざけて危ないことをしてしまう、階段でケガをするなどのトラブルもあり得るので絶対にやめておいた方がいいでしょう。

 

こうした事はしてはいけないと伝えておいても、具体的にどれはしちゃいけないのか、これぐらいだったらいいのかな。など・・

小学生では、その子にもよりますが、まだまだ判断するのが難しいです。

色々経験して成長していくものなのだけど、起きてからでは遅いトラブルもあるので注意が必要です。

そして、何度か重なってしまうと周りからも少しルーズな家庭だと思われてしまうということもあります。

 

小1の壁を前に退職して良かったと思う理由。

 

保育園という手厚く見てもらえる環境に預けてた安心感から、

小学校という環境へ移る時に、母としてはどうしてあげるのがベストなのか。

 

いくらお金が必要とはいえ、子供に悪影響であってはならないと思うし、けれど正社員を辞めるのは、誰にとっても勇気がいることだと思います。

 

今は小1の壁で退職してから4年が経ちますが、この記事は、その都度加筆修正しています。

退職して後悔して欲しくないですし、時と共にワーママの働きやすさなども変わっていくので、その時の気持ちだけでなくお伝えしたいと思うからです。

 

そうして振り返ってみて、退職して良かったと思えることを挙げていきたいと思います。

宿題をみてあげる余裕がある

 

宿題は大抵の場合、学童でも出来ると思います。

小学校では音読といって、国語の教科書を読んできましょうという宿題に出されます。

大抵の学童では、ひとりひとりの音読を聞いてチェックしてあげるというのは難しいでしょう。

 

娘の友達のママは、フルタイムで働くママ。

日々チェックをつけるための用紙が3枚目に入った時に、学童のお友達はまだ1枚目だよ、という話を聞きました。

忙しくしてたら、毎日ちゃんとは聞いてあげられない・・と思います。

ですが、音読というのは学力向上に効果があると言われています。

声に出して読むことで、意味がわかっていないことに気づいてあげられたり、言葉や読解力も養えます。

 

また、宿題をしっかりチェックしてあげることは大切だと思います。

まだ簡単だから、とチェックする習慣がないまま、中高学年になっていって、難しくなって来た時、宿題をしっかりやっているかいないかで学力差が顕著に出ていると先生もおっしゃってました。

また、1~2年生の基礎力は3年生の勉強の土台だと言われています。

 

そのため、宿題を見てあげる、把握しておくことは大切だと思います。

 

学校行事に参加できる

 

学級の様子や、長期休み前のお知らせをする「保護者会」は、クラスの様子や長期休暇の連絡があるのでなるべく出たいところ。

その他にもクラスや学年の行事で親のお手伝いをつのることがあります。

そういうものに参加するのは好き嫌いが分かれるのですが、普段の学校生活の様子を見れるというのも、母親業の楽しみのひとつかと思います。

また、手のかかる低学年のうちは保護者が学校に協力することで、先生方の負担も減ります。

低学年くらいの子は、色んな意味で一生懸命で見ていて面白い、こんなお友達と先生と毎日を過ごしているんだなーという様子がうかがえます。

 

年下の兄弟がいる場合

 

わが家でも下の子を保育園へ通わせていたので、保育園継続のために色々と考えました。

慣れている環境を変えるのは勇気がいりますし小1の壁に備え、あまり下の子の方に神経を使いたくないというのもありました。

転園については、幼児期は割とすぐに慣れてくれることが多いので、親が心配するほどでもないともいいます。

 

私の場合正社員を辞めた後は、短期の仕事などでつないだ後にパートで働き続け、下の子は保育園を継続できています。

そうして働き方をフレキシブルに変えるのもひとつの方法だと思います。

 

小学生になると疲れて帰ってくるので、下の兄弟の保育園児よりも早く眠くなってしまうということもあります。

学校で昼間眠くならないようになるべく早く寝させなければいけない。

なんとか両方寝ついた後に、ランドセルの中を見直し、プリント類のチェックをしたり・・。

正社員で働いていたら、本当にしんどかったな・・と思います。

 

どうしても退職が難しいというママ向けにこちらの記事も書いています。

【退職できないワーママ向け】小1の壁を乗り越える方法とは!?

 

正社員を退職して大変だと思ったこと

それまでは子育てに家事にと、日々追われて一杯いっぱいでした。

仕事を辞めたら、きっと余裕が出来ると思っていました。

子育ての面に関しては、すごくラクになりましたが、退職したらその分収入は減り、小学生になって習い事の料金が増えたり、細かいところでは身体が大きくなった分、食費、衣服などが増えてきます。

 

正社員を辞める場合、現実的に考えておくべき事があります。

  • 夫の給与だけで賄えるのか。
  • 正社員を辞めて今後ゆくゆくはどうするか?
  • 再度正社員として働くことは出来るのか?
  • 老後のお金も考えないといけないのでは?

こういった不安があって、なかなか決断出来ないママが多いのだと思います。

一旦辞めても、また仕事復帰できるかどうかも、調べておくことも大事です。

 

私の場合は、転職エージェントに登録しておき、前職を生かした職種で合う案件がどのぐらいあるか、時期的にはいつごろがよいか、など色んな相談をしました。

昨今の求職情報のリサーチする手段としても転職エージェントに登録しておくのはマストかと思います。(登録は無料ですので)

ワーママが成功するための転職エージェント
ワーママに強い転職サイト・転職エージェント3選【成功するコツとは】

ワーママに手厚くて強い転職サイトや転職エージェントがあったら教えて欲しい。 ワーママが転職するときの成功するコツも知りたい。   ...

続きを見る

 

最後に

 

長々と書いてしまいましたが、小1の壁を知って覚悟していても、小1の壁は高く感じるものだと思います。

小学校では、想定していなかったようなハプニングが起こることもあるので、注意してあげてくださいね。

働き方が柔軟に変えられるのであれば、子ども優先で考えてあげたいものですが、将来を考えると簡単にはいかないというのが殆どだと思います。

いずれにしても、よい選択が出来ますよう、参考にしていただけたなら幸いです。

 

よく読まれている記事

保育園の子の習い事 1

公文に行かせるか、こどもちゃれんじなのか、それともZ会?! 多くのご家庭で、一度は悩むのではないでしょうか。 共働きの場合は、ひとりで安定し ...

2

子供がいるとアピール方法が難しい。すごくやる気を見せてしまっても、子供を優先しないといけない事もあるだろうと強気に書けない。でも転職うまくい ...

ワーママが成功するための転職エージェント 3

ワーママに手厚くて強い転職サイトや転職エージェントがあったら教えて欲しい。 ワーママが転職するときの成功するコツも知りたい。   ...

自宅・家庭学習のメリット・デメリット 4

コロナ禍で「自宅学習」に頭を悩ませていたご家庭も多かったと思います。 塾に通っている子、私立に行ってる子は、オンライン授業を受けていると聞い ...

ワーママの転職 5

ワーママの転職は難しいと思うから不安がある、行動に移して大丈夫? これから先、お金もかかるし転職を失敗したくないと思ってる。 子育てとのバラ ...

-仕事・転職