共働き家庭の子供の学力の実態は?勉強を見てあげられない場合の対処法

「勉強をみてあげる時間がない」

というのは、共働き家庭の悩みのひとつなんですよね。

 

平日は宿題のチェックをするまでで精一杯。

週末は、溜まった家事に折角の休みだから家族でおでかけに買い物・・

 

小学校の勉強って、どこまで親が関わるべきなのかな?
チェックしていてあげなくて、気付いたら学力差が開いてたって話しも・・。

 

昨今は論理的思考力が問われたり大学入試が変わるなど、昔とは教育内容が変わってきています。

わが家でも、共働きの環境が子育てにマイナスとならないよう、学力・体力においても考え取り組んできました。

 

優秀なお子さんの家庭を見ると、早いうちから親が上手に学力の基礎となるものを取り入れたり、先を見据えて何をさせたらよいか考えてあげています。

 

けれど、共働き家庭の毎日忙しく時間が取れない中では無理。というのもすごく分かります。

ここでは、そういった悩みに答えていきたいと思います。

 

共働き家庭の子供の学力の実態。勉強を見てあげられない場合の対処法

 

共働きの家では、子供と接している時間がどうしても少なくなりがちです。

子供自身に、自主的にやってもらうしかない、という部分が多くなると思います。

 

わが家でも、そう思って「自分から勉強する子」を願いましたが、低学年くらいの子供には難しいです・・。

小学生で、自主的に上を目指して勉強が出来るというのは、ほんの一部の子だけです。

 

共働き家庭で子供に勉強をさせるには、習慣化させるということが第一歩です。

共働き家庭に大切な学習習慣

 

早い家では、幼児期からワークなどを毎日の習慣にしています。

毎日のルーチンになってると、小学校に上がってからも勉強しなさいと言わなくても当たり前のようにやるという話しも聞きます。

朝顔を洗う、帰って手を洗うのと同じように「やるのは当たりまえ」にすることです。

 

幼児の場合でも、椅子に座って知育ものに取り組みむことは出来ます。

小学生も、宿題以外の学習を1年生なら10分~から取り組むようにします。

始めから長い時間座っててもらおうと、欲張らないこともコツです。低学年までは、集中できるのは10~15分ほどとも言われています。

 

夜は難しい家庭におススメなのは朝勉強です。

わが家の小4の娘は、朝勉強で20分間計算と国語に取り組んでいます。

一緒に朝15分早く起きて勉強するだけでも全く違います。

朝はバタバタで大変なのはわかりますが、朝起きてすぐの勉強は、記憶に残りやすいとも言われています。

 

子供の自律をうながすために

 

学習習慣をつければ、毎日の学習時間の確保ができます。

毎日コツコツ勉強したらその分、必ず力がつくと感じます。

その次に目指したいのは、子供が自分で自分を律する・・自律です。

親がいなくても、やるべき勉強をやるようにしたいですよね。

 

まずはじめに、学習スケジュールは、本人に決めさせましょう。

親はアドバイスにとどまり、最終的には本人に書かせるなどして決めます。

自分で決めたことなんだから、決めた事は守ろうねという話しが出来ますよね。

 

次に、自律して勉強に取りくむには、勉強を好きになる必要があります。

やれば出来る!と思えると自己効力感が育つといいます。

そこに持っていくには、多少のご褒美などで釣って勉強させるのもひとつの手段です。

いつもご褒美となると、くせになると思うかもしれませんが、実際にそれで出来るようになってくれば、自己効力感がつき、勉強自体が楽しくなってくるはずです。

 

共働き家庭向け学力を伸ばすためのコツ

 

今まで色々あげてきた通り、

家庭学習で学力を伸ばすためには、親の創意工夫が必要です。

 

やはり、それなりには工夫しなければなりません。

けれど、親がいない時に勉強するように仕向けるのは、意外と簡単です。

今はタブレット教材が優秀で、取り組んだら携帯にメールが来るように出来るものもあります。

 

わが家で取り組んでいるのはRISU算数・RISUきっずです。

自分一人でも取り組みやすい理由をあげると

  • テキストなど開くよりもタブレット端末なので手に取りやすい。
  • 学校の宿題とセットでやるのにも手軽に取り組める。
  • 正しい計算方法が学べるため、致命的な計算ミスを減らせる。
  • 論理的思考力も育めるように作られている。

これは、わが家でも実際にやってみて感じたことで、3か月取り組んだだけでも、算数が目に見えて強くなりました。

計算ミスが明らかに減って来たのです。

 

そして、共働き家庭であれば、こういった教材を是非取り入れた方がいいと思います。

算数は特に、差が開いてしまうと取り戻すのが難しいとも言われています。

 

一週間お試しクーポンコードは限りがありますので、是非この機会に試してみてください。

▽体験にはクーポンコードが必要なので、こちらのリンクから体験するのをおススメします。

【公式】RISU算数(一週間お試しクーポンコード付き)

 

最後に

 

わが家でも、共働きをしながら、学力をしっかりと伸ばしていこうと試行錯誤してきました。

共働きだから、学力が劣ってしまっている。子供の将来を考えて仕事をしている面もあるのに、それではやり切れないと思い、色んな手段・方法を考えました。

わが家でも、重視してよかったと思うので、算数への注力です。

算数を侮ってはいけないと思います。算数を制するものは受験を制すとも言われています。

共働きでも後悔のない、子供への学力の、その道しるべを与えてあげましょう。

よく読まれている記事

保育園の子の習い事 1

公文に行かせるか、こどもちゃれんじなのか、それともZ会?! 多くのご家庭で、一度は悩むのではないでしょうか。 共働きの場合は、ひとりで安定し ...

2

子供がいるとアピール方法が難しい。すごくやる気を見せてしまっても、子供を優先しないといけない事もあるだろうと強気に書けない。でも転職うまくい ...

ワーママが成功するための転職エージェント 3

ワーママに手厚くて強い転職サイトや転職エージェントがあったら教えて欲しい。 ワーママが転職するときの成功するコツも知りたい。   ...

自宅・家庭学習のメリット・デメリット 4

コロナ禍で「自宅学習」に頭を悩ませていたご家庭も多かったと思います。 塾に通っている子、私立に行ってる子は、オンライン授業を受けていると聞い ...

ワーママの転職 5

ワーママの転職は難しいと思うから不安がある、行動に移して大丈夫? これから先、お金もかかるし転職を失敗したくないと思ってる。 子育てとのバラ ...

-子供の学び