SEをやっていて両立が辛いママはパート勤務もおススメ。

SEパート主婦

私の場合、SE職はトータルで17年ほどやってきました。

ひと昔前までは、システムエンジニアでパートのような雇用形態はほぼありませんでした。

SEというと、他の職種よりも厳しいです。

リリースに向けて綿密なスケジュール、進捗管理が厳しく、進捗具合によってはピリピリと張りつめた空気の中作業してる。

もちろんこなしているママもいますが、客観的にみても、育児と両立しながら続けていく仕事としては、厳しい職種だと思います。

私は育休復帰後、数年続けたのちに退職しましたが、退職してから、元上司からパート(アルバイト)のお誘いがありました。

また、登録している派遣会社の派遣コーディネーターの人と話しをすると、パート派遣として、無理なくSEを続けているママも多いそう。

時代の流れから、勤務条件も柔軟になりつつあるんですね。

実際に、SEで短時間勤務の雇用の場合、どのような職務内容や条件で募集がかかっているのかを詳しく調べてみました。

SEのパート勤務の求人内容とはどんな感じ?

働く子育てママ

システムエンジニアの短時間勤務の求人内容とは?

求人を見てみると、Javaやphp、htmlなどオープン系・web系の求人が圧倒的に多いようです。

パート、派遣でも時間応相談の募集は多くみられます。

SEの場合は、業務知識の理解にも時間がかかるので、同じような業務の経験があるとかなり重宝されます。

時給はやはり他の職種に比べると高いので、短時間勤務でもよい給与をもらえます。

SEパート勤務で求められること

パートに任されやすいのは、コーディングの部分が多いようです。

設計書の方を固めるには、深い業務知識が必要なので、慣れてきたら少しずつという感じが多いようですね。

私も新しい業務に入るとき何が辛かったかというと、例えば金融や通信系など未知なる業務に入った時、業務の用語を覚えるのが大変で、資料をいったり来たりしていました。

ただ、もちろん職務経験やスキルによっては、はじめから設計に携わる前提のものもあります。

求人内容もさまざまで、アシスタント的な立場で応募しているところもあれば、即戦力で職務経験・スキルを活かして活躍して欲しいというところもあります。

ただ、基本的にはワーママの働きやすさを応援してくれるような求人内容になっているところが多いです。

時短勤務でも、正社員でやっていた時は(年齢的にも)求められることが多く感じてしまったけど、はじめから主婦として募集をしてくれている所の方が、ワーママへの理解が大きいようにも感じます。

また、他にもパートさんがいるというところだと、尚やりやすそうですね。

残業はどれぐらい?

働く子育てママ

ワーママ向けの求人ともあって、「残業なし・少な目」といなっているところも多いです。

業務内容を理解したり環境に慣れるまでは、どうしても仕事に時間がかかってしまうこともあると思いますが、基本的には「子育て主婦にも働きやすいように考慮します」となっている所が多いです。

私も育休復帰後の時短勤務の時は、基本的に残業にならないようなスケジュールを組んでもらってやっていたので、求人内容として明記してあれば、そのあたりは考慮してもらえそうですね。

そこでの知識やスキルを身に着ける努力というのも必要になってくると思いますが、定時でも帰りやすい環境は、早めに慣れて自分のペースで着々と進めていけるようにと、自分で作っていきたいですね。

気になる時給は?

業務の内容、求められるスキルによって、1300円ぐらいのところもあれば、2000円~3000円などとさまざまです。

今はパートだけではなく、派遣でも「時短勤務、週3,4日勤務」のところが増えています

派遣の方が時給が高い傾向があるので、特にパートへのこだわりがなければ派遣でも探したいところですね。

勤務期間によっては、社会保険・雇用保険などにも入れます。

社会保険の扶養内でか扶養を超えてしまうかという所になりますが、SEでやっていくなら時給的にも、扶養を超えて働いてしまった方がいいかなと思います。

派遣であれば、派遣会社に希望を言って間に入ってもらうことや、パートよりもより求人数が多いのと、サポートも充実しているので安心感があるというメリットもあります。

パートの場合、もしもやり辛さなどがあった場合、言いづらいという場合もありそうです。

私も派遣登録していた時に、他の職種で希望していたら、おススメ出来るのが(職務経歴的に)システムエンジニアの方なら沢山あると、時短や週3~4勤務もありますよ。と担当者に勧められました。

最後に

やはり、普通のパートの給与と比べてしまうとSE職は時給が抜けて高いですよね。

子供のことでこれからかかるお金を考えると、持ってるスキルを発揮する場があるなら、稼げる時に稼いでおいた方がいいとも感じます。

仕事内容は簡単でも気楽なものでもないですが、週3、4勤務であれば、やりがいと休息と子育てとのライフワークバランスが上手く保てそうですね!

よく読まれている記事

保育園の子の習い事 1

共働きだと、専業主婦で子育てに専念されている家より、学力に心配があるかもしれません。 どういった学習方法が、適しているか、そして大事なのは親 ...

2

子供がいるとアピール方法が難しい。すごくやる気を見せてしまっても、子供を優先しないといけない事もあるだろうと強気に書けない。でも転職うまくい ...

ワーママが成功するための転職エージェント 3

ワーママに手厚くて強い転職サイトや転職エージェントがあったら教えて欲しい。 ワーママが転職するときの成功するコツも知りたい。   ...

自宅・家庭学習のメリット・デメリット 4

コロナ禍で「自宅学習」に頭を悩ませていたご家庭も多かったと思います。 塾に通っている子、私立に行ってる子は、オンライン授業を受けていると聞い ...

ワーママの転職 5

ワーママの転職は難しいと思うから不安がある、行動に移して大丈夫? これから先、お金もかかるし転職を失敗したくないと思ってる。 子育てとのバラ ...

-仕事・転職
-

© 2021 あねもとりと ~共働きママの子育て・仕事・転職ブログ~