【正社員からパートへ】社会保険や雇用保険はどうなる?有給は?

正社員を退職後、今まで会社がやってくれていたことが一気に自分でやらなければならない事になると思うと、不安になりますよね。

 

パートになった場合でも、夫の扶養になるかならないかでも変わってきます。

よく聞く〇〇〇万の壁というものです。

ただ、これも最新の情報を確認して、損にならないようにしたいものです。

 

 

ここでは、一般的にどのように注意すべきかを分かりやすく説明していきたいと思いますので、参考にしてみて下さいね。

当ページでは、厚生労働省HPを参考に、2021年12月現在の情報をまとめています。

正社員からパートへ社会保険や雇用保険はどう変わる?

パートで働くと今までは殆どの場合、扶養に入るものと考えられていたと思います。

けれど、最近の改正で段階的に条件が変わってきています。

 

正社員を退職した後社会保険はどうなる?

正社員を退職してすぐには働かない場合

少しお休みしたらパートで働こうと思っていても、まだ未定、間が空く場合は、別の方法で加入しなければならなくなります。

この場合は、自分で国民年金を払う、任意継続保険として前の会社の社会保険を続ける、夫の扶養に入るという選択肢があると思います。

それぞれ、手続きの方法が異なってくるので注意しましょう。

 

正社員を退職してすぐパートで働く場合

パートで働く場合は、勤務条件によってパート先の社会保険に加入するか、夫の扶養に入ることになります。

勤務条件というのは、週の勤務時間や月の給与がいくらになるかなどで判断されます。

しかし今まで、ほとんどのパートは損得を考え、扶養の方を選ぶことが多かったのではないかと思いますが、今後は段階的に社会保険適用の幅が変わってきています。

2022年10月以降では、従業員101人以上の勤め先で、2024年10月以降では従業員51人以上とパートの社会保険適用が拡大されます。

※詳しい条件は厚生労働省HPにて確認してみてください。)

今後はパートでも社会保険に加入できるようになることで、将来受け取る年金の面で少し安心できるようになりそうです。

 

雇用保険は加入できる?

雇用保険は自分が勤務している先で加入するものなので、扶養とは関係がないものです。

雇用保険に加入していると、退職して求職中に仕事が決まらない場合など、失業保険を受け取れるのでありがたいものです。

雇用保険の加入条件は次のとおりです。

1.31日以上引き続き雇用されることが見込まれる者であること。具体的には、次のいずれかに該当する場合をいいます。

  • 期間の定めがなく雇用される場合
  • 雇用期間が31日以上である場合
  • 雇用契約に更新規定があり、31日未満での雇止めの明示がない場合
  • 雇用契約に更新規定はないが同様の雇用契約により雇用された労働者が31日以上雇用された実績がある場合 ( 注 )
    [(注)当初の雇入時には31日以上雇用されることが見込まれない場合であってもその後、31日以上雇用されることが見込まれることとなった場合には、その時点から雇用保険が適用されます。]

2.1週間の所定労働時間が 20 時間以上であること。

参照元:厚生労働省HPより

扶養内パートの給与だと、引かれるのは月々数百円程度でした。

 

パートで有給休暇は取れる?

こちらも、パートであっても取得できます。

労働基準法で有給を与えるようにと義務付けられています

取得の条件は、次のとおりです。

  • 勤務開始して6ヵ月後
  • 6ヵ月のうちで契約している労働日数の内、8割勤務していること

付与される日数は、その会社によって違うと思われます。

私のパート先では、週3勤務の人と、週4勤務の人では付与される日数が違いました。

求人情報を見ていると、書いていないこともあるので、不明な場合は確認してみましょう。

 

主婦のための求人応援サイト
「ママワークス」mamaworks.jp

 

健康診断、人間ドックは?

私ごとですが、人間ドックで何度かひっかかってしまっていて、再検査しています。

主婦で毎年は受けていないとう友人もいますが、年一回、人間ドックは必ず受けてくださいね

私の場合は、扶養内で働いてるので、夫の健康保険組合の方で受けてます。

自己負担額は、1万円ほどでした。さらに検査内容を増やすと、プラス数千円になることもあります。

 

パートの場合も、パート先の社会保険に加入していれば、健康診断や人間ドックの費用の補助を使えることもありますので、確認してましょう。

医療機関によって、健康診断・人間ドッグの内容が異なる場合があります。

検査内容が不足しないかどうか、確認しながら受けるようにしましょう。

 

まとめ

パートの福利厚生でも年々内容が変わってきていることがあるので、損のないように自分でも調べてみましょう。

パートをためらう理由のひとつに、将来の年金額もあげられたと思うので、社会保険の拡充はありがたい内容だと思います。

その他にも改定されていることもあるかもしれませんので、個人でも調べ確認するようにしてみてくださいね。

よく読まれている記事

1

ワーママにとって、正社員を辞めるというのは余程の覚悟だと思います。 「一度辞めてしまったら、復職するのが大変そう。」「でも、小学生に上がる時 ...

ワーママが成功するための転職エージェント 2

ワーママに手厚くて強い転職サイトや転職エージェントがあったら教えて欲しい。 ワーママが転職するときの成功するコツも知りたい。   ...

共働きで子育ては無理と悩むママ 3

今では出産後も仕事を続ける共働き家庭も多いので、きっと出来るのだろうと頑張ろうと思って復帰するけど、実際に共働きをしながら子育てをしてみたら ...

40代で派遣で働く 4

アラフォーで派遣で働きたい。 けれど、40代で派遣よりも安定出来るところの方がいいんだろうなって不安もある。 そもそも簡単に派遣先は見つかる ...

フルタイム共働き家庭でくもんを習うときのイメージ 5

子供が将来困らないようにと、熱心なご家庭なら一度は「くもん」を考えるのではないでしょうか? 特に算数は差の出やすい教科なので、就学前頃から小 ...

-仕事・転職
-