時短勤務はうざい・むかつく・・育休復帰後の現実とサラっと乗り越える方法。

育休明け時短勤務の現実

育休から復帰し、不慣れな仕事との両立に時短勤務ですら、しんどい毎日を送ることになります。

そして、職場からはどう思われているのか、時短勤務はラクでいいよな。って思ってるんじゃないかって。

 

私がどちらの立場も経験して思うのは、経験がないと理解が難しいことがあると思います。

 

独身時代は、大変なのは分かっていて仕事復帰しているんでしょう?

なんて思ってしまっていました。

 

『子供にとって絶対なのは母親であって、変わってあげられる存在はない』

私たちも心では、申し訳ないと思っているし、でも子供を最優先にしてあげられるのは母親しかいない。

 

そんな狭間で、わたしたちはどう立ち回ればいいのでしょうか?

ここでは、時短勤務がうざいと言われているのをどう対処すればよいか、育休復帰後の現実について解説します。

時短勤務者がうざいと言われる現実

育休復帰してからの数か月間

育休明け、1番痛感したのは、復帰後の覚悟です。

復帰後は、産休前にやっていた慣れた仕事に育児がプラスされる。

それだけ、と考えてしまうママも多いのではないでしょうか。

産休前と同じ部署に戻れればよいですが、復帰後部署移動になることは、よく聞きます。

部署が変われば、もちろん覚え直さないといけない事が増えますし、時短勤務という中では焦りもあるし、頭の中で整理するのにも時間がかかってしまう、完全に育休ボケ状態でした。

そうして復帰してすぐに戦力になれないところで、時短勤務で帰らなければならないというのが、しんどいんですよね。

私が出来の悪いワーママなのだと思ってましたが、調べたところ「マミーブレイン」という言葉があるそうです。

アメリカでは、産後の女性の脳はマミーブレインと呼ばれ、出産すると脳の働きが鈍くなると考えられているようです。マミーブレインは、一時的な脳の萎縮により起こると考えられています。ホルモンの影響による一時的な現象で、半年程度で元に戻るという研究結果があります。けれど、“半年たっても戻らない!”というママたちの声もよく聞きます。

引用元:たまひよ

これを知ったところで、「私、今マミーブレインなんです。」と言えるわけじゃないんですが…。

自分だけではない。そう分かれば上司などにも、産後の体調が戻っていないなど何気なく話をして、少しでも理解してもらうことは可能ですよね。

ロールモデルのいない職場

ママが働きやすい仕事

ワーママを扱った経験のない上司、育児経験者ではないとなると、育児について理解してもらえないという面でのストレスがあります

育児が遠い昔だと言ってた上司が、「最近孫が出来てやっと大変さが分かったよ〜」ということもありました。

はー今更・・・?

精神的に打撃をくらったのは、新しい上司の言葉でした。

まだ復帰して間もない頃、新しい業務も理解出来ておらず、

「すみません、分からないので教えて欲しいのですが…。」と、切り出した私に、

「今日は~何時までいるんだっけ?4時半に帰るんだっけ?」

時短の私の扱いに慣れていない上司の言葉が、チクチク刺さってくることがありました。

「いつまで時短(勤務)取る予定?」(まだ子供は2歳のころ)

「〇〇さん(他の時短社員)は、もう少し遅くまでやってるんじゃないかな。」

「今後はどうしようと考えてるの。」

賞与前の面談でそんな内容の話をされました。が、後に女の子の後輩から、両立する道筋を作ってくれたと言われ、

ああ、私がロールモデルだったのか。

と気づくことが出来ました。

しかし、当時わたしが言われていた時は、確実に時短勤務うざい。そういう対応だったと思います。

けれど、モヤモヤと「もう早く辞めたい」としか思えなかった気持ちが少し救われました。

同じような立場のあなたも、きっと誰かの道筋になっていると思います。

賞与・昇給の評価の壁

ワーママの面談

私が勤務していた会社では、昇給の内訳に「年齢給」があり、年齢があがるごとに自動的に少しあがるので、よほどじゃない限り昇給しました。

けど、年齢給も上限があり、アラフォーの私は頭打ちになりました。

復帰後は育児に重きを置いてる以上、評価されるような仕事ぶりではないと自分でも分かっている分、さらに肩身の狭い思いでした。

上司としても、両立して大変なのはわかるけど、他の後輩社員が見ている手前、評価できるような仕事ぶりを見せて欲しいと思ってるのではないか。

けれど、両立しながら目の前のこと以上の仕事をしたり、自己啓発をするのは、正直無理だと思いました。

新人が配属される時期になりました。

新人のフォローは、しっかりと見てあげれば他の人に仕事的な負担になることも少なく、気持ちをラクに面倒をみることが出来ました。

結果的に評価にもつながったのか、賞与も時短にしては想像していたよりも支給されました。

時短勤務では出来ないと思うことも多いけど、なにかしらの役割をつとめることは出来る、地道にやっていくことだと思いました。

時短勤務は「うざい」「迷惑」・・その対処法とは?

ワーママの失敗しない転職のために

復帰後は、周りに対して謙虚に、迷惑をかけることもあるけれど、頑張る姿勢をみせましょう。

少し慣れたころには、出来る範囲で仕事に対して積極性をみせていきましょう。

周りの目ばかり気にしすぎず、強い心を持ち、乗り越えていきましょう

仕事には責任を持つ・受け身でばかりいない

基本的なことですが、時短勤務内でも、仕事は責任を持ってやるという意識を持つこと。

夜中起こされたりと寝不足で時にはミスをしてしまうこともあります。けれど、ミスした時のリカバリーがあいまいならば、それなりの評価になり、社会人として低い評価になってしまっても仕方ありません。

受けた仕事を期限内にどう終わらせるか考える、無理そうだったら、早めの報告、相談をし、終わらせようとする姿勢が大切です。

また、時短勤務だからといって、受け身の姿勢でばかりいないことです。

基本、定時までしか出来ないけれど、仕事に対する積極性をみせていきましょう。

子供の話題ばかりをしない

子供の話になるとつい長話になってしまいやすいです。仕事中、席での子ども話しは手短に済ませましょう。

子供の出来にくい人、まだ独身の人からすれば、子ども話しに花を咲かせてばかりいるのを見るのは、あまり気持ちのいいものではない場合もあります。時短で帰るのに・・と思われてしまうこともあるかもしれません。

子供が出来ないことは、想像以上に大きな悩みであり、気にしていないように振舞っているとしても、あまりおおっぴらに子供の話ばかりするのは控えたいです。

やりずらさがある場合は上司に相談

私も復帰後しばらくの間は、どうやっていけばいいのか分からなくて、相談する相手も見つけられずにいました。

時短でやっていくとは、以前と全く立ち位置が変わってしまうんですよね。

自分でも努力はしているけれど、時短としてのやりづらさを感じる時は、上司などに相談してみましょう

相談しやすい相手、直属の上司でなくてもよいと思います。

私なりにやっているけど、こういう部分で他の人に負担をかけてしまう、よい方法はないか。など話してみましょう。仮にすぐに解決できなくても、時短勤務者の気持ちを伝えることも大切です。

どうしても職場にやりづらさを感じたら転職を考えるのも方法のひとつです。

子持ちママの転職タイミング。保育園vs小学校ではいつがよいのか。

時短勤務だからと周りの目を気にし過ぎない

「子育て」だけではなく、病気になったり、親の介護など個人的な事情というのは誰もが抱える可能性があります

そういった時に、今度は自分がその人をフォロー出来ればいいんですよね。

今は自分らしく子育てをしていることに誇りを持ちたいです。

そして助けてもらったら、恩をどこかで返せればいいんです。

同じ状況になってみて、初めてわかることも多いというのはお互い様の部分もあります。

とはいっても、あからさまに時短勤務者に対しての理解がないのは辛いものですが、経験のない人に同じ立場になって欲しいというのは難しいこともある、自分もそこまで考えてあげることは出来なかったのだから仕方がないなどと割り切って、気にし過ぎないことも大切です。

まとめ

育休明けは、とにかくしんどいです。環境によって、大変なママはまだまだたくせんいるだろうと思います。

けれどだいたい1年くらいたてば、最初の頃よりは少しはラクになってくるし、両立をこなせるようになっていきます。

子供の病気も3~4歳になると減ってきます。

あまり人目ばかり気にして肩身の狭い思いをしていては、育児にも影響してきてしまいます。

自分がしっかりと取り組んでいる部分は、短時間勤務でも出した成果として上司に評価してもらいましょう。

それでも、自分がロールモデルで理解の少ない職場は辛いのは分かります。

正社員で両立していく中での記事を書いています。

↓こちらも参考にしてみてくださいね。

「家事と育児に仕事」に限界。時間・余裕が欲しいと思ってるあなたへ

よく読まれている記事

保育園の子の習い事 1

共働きだと、専業主婦で子育てに専念されている家より、学力に心配があるかもしれません。 どういった学習方法が、適しているか、そして大事なのは親 ...

2

子供がいるとアピール方法が難しい。すごくやる気を見せてしまっても、子供を優先しないといけない事もあるだろうと強気に書けない。でも転職うまくい ...

ワーママが成功するための転職エージェント 3

ワーママに手厚くて強い転職サイトや転職エージェントがあったら教えて欲しい。 ワーママが転職するときの成功するコツも知りたい。   ...

自宅・家庭学習のメリット・デメリット 4

コロナ禍で「自宅学習」に頭を悩ませていたご家庭も多かったと思います。 塾に通っている子、私立に行ってる子は、オンライン授業を受けていると聞い ...

ワーママの転職 5

ワーママの転職は難しいと思うから不安がある、行動に移して大丈夫? これから先、お金もかかるし転職を失敗したくないと思ってる。 子育てとのバラ ...

-仕事・転職

© 2021 あねもとりと ~共働きママの子育て・仕事・転職ブログ~