【小学生】自宅学習のメリットとデメリット【学力格差を回避せよ】

自宅・家庭学習のメリット・デメリット

コロナ禍で「自宅学習」に頭を悩ませていたご家庭も多かったと思います。

塾に通っている子、私立に行ってる子は、オンライン授業を受けていると聞いて、学力格差も心配になったのではないでしょうか。

同じ年の子たちはどれぐらいやってるのか分からないし、自宅学習で本当に身についているものなのかも目に見えず心配ですよね。

 

コロナの収束がまだ見えない中、学力格差を広げないためにも「自宅学習」をしっかりと見直しておくべきだと思います。

 

ただ勉強時間だけ設定し自宅学習を進めていては、「勉強がつまらない」となってしまう、やったつもりになってる子もでてきてしまいます。

この記事では、「自宅学習」をするメリット・デメリットをふまえて

  • 自宅学習での改善点
  • 自宅学習でも学力を確実にUPさせるための方法

もまとめていきたいと思いますので、自宅学習に悩んでいるママは参考にしてみてくださいね。

 

小学生の自宅学習のメリットとデメリット

 

小学生でも自ら机に向かい、ストイックに勉強する子もいます。

羨ましいですね・・。

 

自宅学習がスムーズに進められるかどうかは、子どもの自律心にもかかわってきます。

といってもまだ小学生ぐらいでは、自からコントロールして勉強に励める子はほんの一部です。

なので親がサポートして、上手くマネジメントしてあげることが大切ですよね。

 

まずはメリット・デメリットについてまとめていきます。

 

自宅学習のデメリットとは?

  • 計画通りに学習することがなかなかできない
  • 甘えが出てしまう
  • 生活音や気が散る要素が多い
  • どのぐらいやればいいのか目標を定めるのが難しい
  • 分からないところを聞けずに解決できない
  • 着実に勉強の成果が出ているか把握しずらい

 

分からない場面にぶつかると手が止まってしまって、時間だけが流れている・・なんてこともよくあります。

そして、難しい・面倒なことから逃げて、気づいたら別のことをやってしまってる・・

 

学校や塾のようにその場での解説がなくて、自分自身で解いていくのには限界があります。

自宅学習の難しいところです。

 

量や時間も学習習慣がある程度ついてればよいですが、毎日淡々とこなしていく・・目標がなければなかなか難しいですよね。

 

その他TVやゲームの誘惑もあったりなど、

ひとりで自宅学習するのには、デメリットも多くつきまとってしまいます。

 

自宅学習のメリットとは?

  • 自分に合った内容・単元の学習ができる
  • 理解不足・苦手なところに時間をかけて取り組める
  • 自由に先取りしておくことも出来る
  • 他の予定に合わせてスケジュールを立てやすい
  • 経済的である

 

やり方次第では、自宅学習で学力が落ちるどころか、しっかりと学力を伸ばしている子もいます。

時間の制限がなく、苦手な単元に時間を費やせたり、他のスケジュールを気にせずに予定を立てやすいのもポイントですね。

けれど、これには子どもが自律出来るようになるまで、親がサポーターとしてマネジメントしてあげなけれななりません。

 

次に、自宅学習を効率よく確実に学力をつけていくためのポイントを紹介します。

 

自宅学習で効率よく学力UPさせる方法とは

 

環境を変えてみたり、テキストを購入してみたり、スケジュールを立ててみたり・・・

色々やってみているお母さんも多いのではないでしょうか。

 

計画通りにやること、親が満足するだけの量をこなすには、親の厳しい監視が必要になってくるでしょう。

子ども自身で計画を立ててそれを自ら実行することを期待し、出来ないことにイラだつことはやめましょう。

 

一緒にルールや計画を考え、それから外れないように親は厳しすぎずに上手くコントロールすることがポイントです。

自宅学習の改善点

 

自宅学習をするときに気をつけたいのは次の点です。

  • 曜日ごとのスケジュールを立て、1日の勉強時間を決める
  • 週ごとの学習量を決める
  • 集中出来る環境を整えてあげる
  • タイマーを必ず使って問題を解く
  • 自分に合ったレベルの学習をする

 

自宅学習と塾との違いは、自由なスタイルで学習できることですが、

計画を立てた時間からきっちりとスタートさせることが大切です。

また学習量はあいまいにせずに、どれぐらいの量をやるかをはっきりと決めましょう。

 

次に、目標を持つことも大事です。

年に2回行われている、全国統一小学生テストを目指すなど明確な目標を立ててあげるのもよいかもしれませんね。

 

また、少し難しい応用問題や先取りをひとりでやらせている場合は注意が必要です。

自宅学習では、自分で解説を見て進めていって分からない・難しいことが続くとイヤになってしまう、やる気をなくしてしまうことがあります。

子どもに合ったレベルからギリギリの内容までを実施することをおススメします。

自宅学習で成績UPさせるためには

塾でも家でも、習った学習を復習し定着させていくなど、地道に勉強していくことが大切です。

改善点にもあげたように、家でもやるべきことをこなしていくルール決めをしたら、親が上手くマネジメントできるかもカギです。

 

特に自宅学習で気をつけてあげたいのは、算数です。

 

他の教科は、解説などを見て、覚えて・・といった流れで自分で比較的学習をしやすいと思いますが、算数の場合は解説を見てもよくわからない・・もしくは分かった気がする。と、そのままにしてしまうのには注意が必要です。

 

算数はつまずいたままにしておくと、後の単元での理解に影響がでてきてしまいます。

  • 理解できるレベルの問題を解く。
  • 間違えたら解き直す。
  • 適したタイミングで、間違えやすい問題の復習をする。

といったことをして、定着させていければ、学力は着実にUPしていくでしょう。

 

わが家では、これらの悩みを解決するのに調べたところRISU算数にたどりつきました。

他の教科はあとからでも追いつけるけれど、算数は積み重ねが大事なので重点的に取り組んでいます。

 

その子どもに合ったレベルの学習が出来る、先取りもスモールステップでつまずかない、分かりやすいヒント・解説動画、ステージクリアやポイントGETなど飽きない工夫で、タブレット教材の中でも多くのメリットがあり人気です。

 

▽体験にはクーポンコードが必要なので、こちらのリンクから体験するのをおススメします。

【公式】RISU算数(一週間お試しクーポンコード付き)

 

実際にやってみて、内容も計算だけではなく考える問題、問題の量、内容においても質が高いので、ぜひ1週間のお試しをしてみて欲しいと思います。

 

まとめ

 

メリット・デメリットを考えたときに、改善しないといけないことが分かっても、理想通りにはなかなか出来ないですよね。

子どもの勉強に対するやる気を維持するには、自分に合った内容の学習を行うことも大切で、

適宜やっている内容をチェックしたり、スケジュールを見直してあげたりと、マネジメントしてあげましょう。

 

RISU算数は、お子さまひとりで進める『自宅学習』に大変適した教材となっているので、体験してみましょう。

【公式】RISU算数(一週間お試しクーポンコード付き)

よく読まれている記事

保育園の子の習い事 1

公文に行かせるか、こどもちゃれんじなのか、それともZ会?! 多くのご家庭で、一度は悩むのではないでしょうか。 共働きの場合は、ひとりで安定し ...

2

子供がいるとアピール方法が難しい。すごくやる気を見せてしまっても、子供を優先しないといけない事もあるだろうと強気に書けない。でも転職うまくい ...

ワーママが成功するための転職エージェント 3

ワーママに手厚くて強い転職サイトや転職エージェントがあったら教えて欲しい。 ワーママが転職するときの成功するコツも知りたい。   ...

自宅・家庭学習のメリット・デメリット 4

コロナ禍で「自宅学習」に頭を悩ませていたご家庭も多かったと思います。 塾に通っている子、私立に行ってる子は、オンライン授業を受けていると聞い ...

ワーママの転職 5

ワーママの転職は難しいと思うから不安がある、行動に移して大丈夫? これから先、お金もかかるし転職を失敗したくないと思ってる。 子育てとのバラ ...

-子供の学び