【40代の派遣】なかなか仕事が決まらない場合の対策・コツを紹介

派遣に年齢は関係ある?
  • 40代になると派遣で働くのは厳しいのでは?
  • 登録してエントリーしているけど、次の派遣先がなかなか決まらない。

 

派遣先が決まらないのは、40代という年齢のせいなのだろうか??20代、30代と比べると今よりもエネルギッシュに仕事に取り組み、仕事に前向きに取り組める若さがあったと思います。

40代というと大抵の場合は即戦力を求められます。

また、資格や今まで培ってきたスキル・経験、そつなく仕事をこなしてくれる、そんな人が理想かもしれません。

 

派遣先がなかなか決まらない原因、40代という側面、実際はどうなのでしょうか。

筆者が40代で派遣を始めた経験からも、ここでは派遣がスムーズに決まるためのコツも合わせて考えていきたいと思います。

 

40代で派遣が決まらない理由とは?

 

希望の派遣先にエントリーし、選考で見送りになった時、なぜ選ばれなかったかハッキリと理由までは教えてくれない事も多いもの。

40代になって、決まりにくくなったという人もいるかもしれません。

筆者も決まらなかった時期に、年齢がネックになってるのかどうか、そこで弾かれてしまっていたら、労力の無駄なのか?そう思い、色々調べました。

 

派遣登録に40代という年齢に関係はない

派遣会社に登録をしておくと、40代であっても希望や職務経歴にマッチした派遣求人の案内メールは次々と来ます。

企業が派遣をとるときに年齢制限を設けることは法律で禁止されているからです。

 

まずは基本的な事ですが、希望の条件に一致していれば、マッチした条件の案内が来る。

ということは、自分の希望の条件の案件は、結構あるのだと思ってしまいます。

なのに、なかなか決まらない・・というところが落とし穴なわけです。

 

派遣の選考通過で年齢はみているか?

 

マッチした条件で更に勤務地や時給などを絞り込み、エントリーをします。

派遣会社の選考に入り、数日後、見送りの連絡が来る。というのが何度も続きました。

エントリーしてきた人が複数名いた場合は、スキルや経験的にマッチ率が高い人の方を優先されてしまうのは仕方のないことです。

と、始めは思っていましたが、何度となく進めずにいると、年齢もひとつの要因なのではと勘ぐってしまいますよね。

 

参考

注意が必要なのは、自分の職務経歴やスキルを登録していて派遣求人を見ていると、自動でマッチ率が出る場合があります。
たくさんある求人の中で選ぶための参考にはなりますが、選考に通りやすいというのもではありません。

派遣会社の人にも突っ込んで話しを聞きましたが、第一にみるのは企業が希望しているスキルとマッチしているかのようです。

さらに、派遣求人の詳細には載っていない選考条件というのも別にあります。

その内容は、エントリー後ヒアリングされます。

今回は難しそうだと判断されると選考落ちとなってしまいます。

こういった段階を踏んで選考通過となっていくため、派遣会社はまず、スキル・実績を優先的に判断しているといえると思います。

 

企業側は40代という年齢でふるいにかけている?

 

では派遣をとる側の企業は、年齢も判断の材料にしているのかどうかになります。

派遣先企業と面談を行う際のスキルシートには、年齢などの個人情報は書かれていません。

実際に、派遣先で働いていても、自分から言わなければ年齢などを知られていないと思います。

 

何人かと面接して、似たような経験・スキルの中でふるいにかけられたら、担当者の好みや相いそうかどうか、仕事、残業を頼みやすそうかなどの点で、若さもひとつの基準で選ぶということもあるかもしれません。

しかし、逆を言えば年齢が判断材料として優先されているわけではなく、今までの職務経歴、そつなくこなしてくれそうか、人柄なども同じように重視されるのではないでしょうか。

何度か面接してきた中では、〇〇は出来ますか?などの細かな作業内容を聞かれることも多かったので、その業務を追行するために、その人の持っているスキルがどれだけ近いかどうか、という点がまずは大きなポイントとなっていると感じます。

 

40代の派遣。特に気をつけることとは?

 

私の経験からまずいえるのは、職務経歴をしっかりアップデートしておくことが重要です。

今まで培ったきた実務経験・スキル・どういった業務に携わってきたのか。

40代という経験値の高さから、必要としてくれる企業は沢山あるはずです。

ですが、特に注意して抑えておきたいことを紹介します。

 

使い易いと思われるかどうか

 

30代の頃、目上の年齢の契約社員の人と仕事をするときに、少しやりづらさを感じた事がありました。

経験は豊富で色々やってきてるのだと思いますが、最近の業務のやり方などに取り掛かる時に、説明するのに時間がかかったり、やや柔軟さに欠ける・・と感じてしまいました。

40代になると一緒に仕事する人、仕事を振ってくれる人達は年下であることも多いと思います。

私の方が経験があるし、年下に対して下手に出るのは抵抗があるということもあるかもしれませんが、派遣で働く以上社員の指示に素直に従う姿勢を見せましょう。

しかし、キャリアもあるわけですから、意見を求められるような場面では積極的に提案や改善などの意見を言える、能動的に仕事が出来るという面も見せられるとよいでしょう。

 

派遣会社を厳選する

実際に派遣会社でも、20代、30代など比較的若手に力を入れているところもあります。

また、業種によって強みのある派遣会社もありますよね。

なかなか決まらない・・という場合は、派遣会社を変えてみるのも手です。

いくつも登録するのは手間ではあるのですが、その派遣会社にしかない顧客先というのもあるので、希望の条件とマッチすれば逆に近道になる可能性もあります。

有名な派遣会社は、幅広い職種での案件が多いので、実際にマッチがしやすいし、選びやすいです。

ただ、有名なところは案件が多いけれど競争率も激しいので、ややコアな派遣会社にも登録すると、意外と早く決まることもあります。

私が登録していたのは、次の3つです。

 

「未経験OKの求人情報が豊富」「充実のサポートと福利厚生」のランスタッド

案件数でいったらダントツ大手・優良企業のお仕事はこちら【リクルートスタッフィング】

私はこちらでお世話になってます。きめ細かな対応です。IT・Web・機電エンジニアの転職・派遣ならパーソルテクノロジースタッフ

 

派遣会社は複数登録して、エントリーはダブってもOKなのでまずは、いくつもエントリーしてみましょう!

よく読まれている記事

保育園の子の習い事 1

公文に行かせるか、こどもちゃれんじなのか、それともZ会?! 多くのご家庭で、一度は悩むのではないでしょうか。 共働きの場合は、ひとりで安定し ...

2

子供がいるとアピール方法が難しい。すごくやる気を見せてしまっても、子供を優先しないといけない事もあるだろうと強気に書けない。でも転職うまくい ...

ワーママが成功するための転職エージェント 3

ワーママに手厚くて強い転職サイトや転職エージェントがあったら教えて欲しい。 ワーママが転職するときの成功するコツも知りたい。   ...

自宅・家庭学習のメリット・デメリット 4

コロナ禍で「自宅学習」に頭を悩ませていたご家庭も多かったと思います。 塾に通っている子、私立に行ってる子は、オンライン授業を受けていると聞い ...

ワーママの転職 5

ワーママの転職は難しいと思うから不安がある、行動に移して大丈夫? これから先、お金もかかるし転職を失敗したくないと思ってる。 子育てとのバラ ...

-仕事・転職