小学校高学年の家庭学習【5年・6年】質をあげて成績UPしよう

小学校5年6年の家庭学習方法

小学校5、6年生になると周りには塾通いする子も出てきますよね。

 

けれど、中学受験をするわけではないし、まだ小学校の授業内容ぐらいであれば、家庭学習をしてる家庭も多いと思います。

 

家庭学習もどれぐらいやるべきなのか、何時間机に向かっているんだろう?どうやるべきなのか…

などと気になりますよね。

 

高学年にもなると難易度があがると共に学力差が広がりつつあり、家庭学習は質のよいものにしていきたいところです。

 

この記事では、

  • 高学年の家庭学習どれぐらいするべき?
  • 家庭学習でまず身につけたいこと
  • 質の良い学習方法とは?

についてまとめていきたいと思うので、家庭学習の参考にしていただければ幸いです。

 

▽今なら小学生に人気の「RISU算数」が1週間お試しできます!

【公式】RISU算数(一週間お試しクーポンコード付き)

 

小学校高学年の家庭学習【5年・6年】に質のよい学習とは

 

 

たとえば、中学受験を考えている家庭の夏休みの一日を覗いてみると

夏期講習で朝9時~夕方17時まで授業をやり、その後も自習室で勉強をしてくるなんて日々を送っています。

 

まだ小学生なのに大変・・と思う反面、そんな子達とは学力差がどのぐらい開いてしまっているか気になるかもしれません。

 

塾に通わずとしても、家庭学習でも質の高い勉強をすることはもちろんできます

 

では、早速みていきたいと思います。

高学年の家庭学習どれぐらいするべき?

最近の小学校高学年、毎日平均どれぐらいやってるものなのでしょう?気になりますね。

目安の時間とは、1学年に付き10分または15分とも言われています。

5年生は、50分〜75分
6年生では、60分〜85分

ということになりますね。

 

でも本当はみんなどれぐらいやってるの?っていうのもとても気になります。

 

学研教育総合研究所によると

5、6年生の勉強時間は『1時間以上2時間未満』が約半数で、1番多いという結果になっています。

 

ただ、これは学習塾に通っている子の塾の宿題をする時間を含むことも考えられるので、実際に「家庭学習」でやってる時間というのは、上記で書いた目安にほぼ近いと考えてもよいのではないかと思います。

 

家庭学習でまず気をつけたい3つのこと

学習時間も気にはなりますが、時間よりも学習の質を重視しなければなりませんよね。

 

小学校高学年で見据えたいのは、しっかりとした学習習慣、学習方法で中学校での勉強、そしていずれ高校受験勉強へと向けた学習です。

そのために、家庭学習で身につけたいのは次の3つです。

 

自律心を持って学習すること

自分をコントロールする力。

他人に左右されずに、自分でしっかりとした目標に向かって勉強できるというのは、理想の姿ですね!

他律から自律への過渡期(小学校高学年頃)
道徳的判断がかなりでき,多少批判的になるが,まだ周囲の力によって動かされやすい。

引用元:日本教育協会-自らを律する心と教育指導

 

今までは、親や周りからの影響が大きく、自分のことだと分かりながらも、言われてやっている事も多かったかもしれません。

けれど、高学年になって自分の将来の大切さに少しずつ気づき始めるのではないでしょうか。

そのためにも、将来の夢をかなえるためには何が必要なのか、周りに流されずに勉強時間を確保することなどを改めて話してみましょう。

 

考える力を養う

考える力、思考力はどのようにつけていったらいいのか、ただ考える問題を与えていけばいいのか・・。

などと悩むこともあるのではないでしょうか。

日本語を正しく読んで理解する力は、物事を考えるうえでの土台です。確かな日本語力があってこそ、思考は深まるのです。

引用元:大学受験パスナビ

日本語力、つまり国語力や語彙力がないことには、読解問題は解けないですよね。

やはり小学生のうちに、ある程度の語彙力をつけておきたいものです。

具体的な方法は後に紹介したいと思います。

 

子どもに合った学習内容であること

 

分からないと勉強がつまらなく、机に向かうのが「仕方なく」となってしまう。一度苦手だと思ってしまうと、その単元がおざなりになってしまいます。

理解するまで解説読み解き直すなどすることは、本人任せの家庭学習では難しいかもしれません。

親がつきっきりで見てあげられるかというと、なかなかそれも難しいと思います。

そのためには、テスト結果などから子供の苦手な分野を知り、子どものレベルに合った適した教材を選んであげるのも大切です。

 

質の良い家庭学習をする方法を紹介

 

3つのポイントでもあげた通り家庭学習では、考える力を身につけていく学習を目指すことが大切だと思います。

学習の質の向上のためにも、子どもに合った教材・テキストを選んであげることが大切です。

 

ここでは、筆者も実際に使って家庭学習におススメだと言える教材の紹介をします。

 

国語

もし国語がやや苦手で、とにかく読解力を鍛えようとしているというお子さんに是非試して欲しいのは、人気があるのでご存知かもしれませんが、「ふくしま式」シリーズです。

 

 

「ふくしま式」のテキストは、実際にわが家でも使っていますが非常に秀逸な教材です。

中学受験を目指す家庭でも人気の教材です。小学生のうちにやっておくことをおススメします。

語彙力は思考力の基本、語彙力が足りていないため言葉の意味が分からず文章題を理解し切れていない場合が多いです。

同時に論理的思考力を伸ばしていくことで、文章題を読解するための技術を身につけていく

「ふくしま式」はひとりでも進めていきやすいので、家庭学習にもちょうどよい内容になっています。

 

算数

算数の基本は、「計算ミス」をなくすことです。

どうしても、うっかり間違えが多いという声はよく聞きますし、くもん式をやっておけばよかったのかな・・と後悔する声も聞きます。

そういうご家庭におススメなのは、RISU算数です。

RISU算数は「自習用教材」として自分のレベルの学習が出来るのはもちろん、考える力を身につけていくことができます。

RISU算数のいいところは、スモールステップでやっていける、解説動画がついてくるなどの他にも、しっかり定着するよう適したタイミングで復習問題が自動出題されるという仕組みがあります。

 

▽一週間体験が出来るので、まずは試してみましょう!

【公式】RISU算数(一週間お試しクーポンコード付き)

 

わが家でも使っていますが、忘れないように前の問題が出てくるという仕組みがよいと言っていました。

フォロー体制が手厚いので、定評のある教材です。

 

まとめ

家庭学習も質のよい教材を使うだけでも、勉強の中身が全然変わってきます。

すぐにテスト結果につながらなかったとしても、実際に親御さんが手に取ってみれば、その学習の質のよさというのは分かると思います。

是非、試してみてくださいね。

よく読まれている記事

保育園の子の習い事 1

共働きだと、専業主婦で子育てに専念されている家より、学力に心配があるかもしれません。 どういった学習方法が、適しているか、そして大事なのは親 ...

2

子供がいるとアピール方法が難しい。すごくやる気を見せてしまっても、子供を優先しないといけない事もあるだろうと強気に書けない。でも転職うまくい ...

ワーママが成功するための転職エージェント 3

ワーママに手厚くて強い転職サイトや転職エージェントがあったら教えて欲しい。 ワーママが転職するときの成功するコツも知りたい。   ...

自宅・家庭学習のメリット・デメリット 4

コロナ禍で「自宅学習」に頭を悩ませていたご家庭も多かったと思います。 塾に通っている子、私立に行ってる子は、オンライン授業を受けていると聞い ...

ワーママの転職 5

ワーママの転職は難しいと思うから不安がある、行動に移して大丈夫? これから先、お金もかかるし転職を失敗したくないと思ってる。 子育てとのバラ ...

-子供の学び

© 2021 あねもとりと ~共働きママの子育て・仕事・転職ブログ~